納豆を食べて若ハゲを予防!過剰な皮脂は毛穴が詰まる!

若ハゲは一般的に10代後半から30代に始まるものを言います。40代、50代ごろから徐々に薄くなり始める人から比べると10代という若さで薄毛になるのは精神的にもとてもつらいものです。また、若ハゲの人に多いのがM字ハゲといわれる、前から徐々にハゲていくものです。M字ハゲはパッと見たときにすぐにわかるので顔の印象が変わるため老けて見えてしまいます。

若ハゲの原因として、遺伝や生活習慣などがあげられますが、この他にも理由があります。実は10代、20代は皮脂の分泌が非常に多い時期です。仕事に遊びに全力で向かえるほどの体力があり、寝る間を惜しんででも遊びたいと考える人も少なくありません。そんな生活って楽しいですが、頭皮には悪影響なのです。

10代、20代は皮脂の分泌が多く、皮脂の分泌量とハゲ具合は比例していると言われるほど皮脂の分泌量は重要なのです。皮脂の分泌が過剰に発生すると余分な皮脂が毛穴につまってしまいます。毛穴が清潔でないと炎症を起こし、頭皮湿疹によって毛が抜けやすくなってしまいます。

頭皮の皮脂分泌量を少なくさせようと思うと食生活を見直すことが大切になってきます。10代、20代は仕事も遊びも忙しく、外食中心の生活になっている人も多くいます。今は健康を重視したお弁当や総菜屋も多くありますが、ついついボリュームがある揚げ物を選んでしまいがち。揚げ物は当然のことながらお弁当のメインになっていることが多いですよね。

これ以外にもインスタント食品やファーストフード、炭酸飲料、ビールなどの刺激分も危険なのです。おいしい、手間がかからない食品は確かに便利ではありますが、頭皮に与える影響は大きいのです。高カロリー食品や過剰な脂肪分の摂取は頭皮の皮脂を過剰に分泌さえる他、フケ、吹き出物の原因となってしまいます。

薄毛にならないためにはバランスのとれた食事をすることが大切なのです。

では主にどんなものを食べたらいいのでしょうか?

男性ホルモンの働きを抑えてくれ、女性ホルモンに似た働きをする「大豆食品」がおすすめです。大豆食品にはイソフラボンが多く含まれています。イソフラボンには男性ホルモンを抑制するエストロゲンの働きをします。大豆食品と言えば、豆腐を食べればいいかと思いますよね。確かに豆腐もおすすめですが、その中でも納豆が一番勧めです。納豆は栄養素を体内に吸収してくれ吸収率が高いのです。その分イソフラボンが体内に吸収され、男性ホルモンの働きを抑えてくれるのです。

仕事が忙しく、ついつい外食や総菜が多い人も、家に納豆をストックしておくと、朝食にプラスして取り入れるといいでしょう。食べ物が髪の毛に与える影響は自分たちが思っている以上に大きいのです。

自分の毛を移植!自毛植毛で若ハゲを改善しよう!


若ハゲで悩む人は年々増加傾向にあります。それは現代の生活習慣が大きく影響しています。食生活が偏っていたり、生活習慣が不規則だったり働く若い男性にとって、若ハゲになる要因は大いにあります。また若ハゲは両親からの遺伝もあり、ハゲやすい体質をもともと持っている人もいます。
でももし10代後半や、20代前半という若さでハゲてしまった場合あなたはどうしますか?
恋愛に億劫になったり、人に会う時に人の目線が自分の頭にあるのではないかと気になったりと、いろいろなところで自信を失う人もいます。見た目のコンプレックスというのはとてもつらいものです。またこういったストレスからさらにハゲを進行させてしまうことになるので、出来るだけ早く対応することが大切です。
今は若ハゲの治療法として、AGA治療というものがあります。
頭部が薄くなってきたと感じたら早めに治療を始めことが大切です。AGA治療に有効な薬としてプロペシアが有名です。この薬の歴史は浅く、日本で厚生労働省の認可が下りたのが
2005年とつい最近のことです。この薬が認可されたとき、会社の同僚が若ハゲで悩んでおり、これ飲んだら毛が生えてくるのかなと真剣に考えていたのが懐かしいです。
薬を服用するだけで毛が生えてくるなんて薄毛に悩んでいる人からすれば、画期的ですよね。確かに画期的で万能な薬とおもわれがちですが、プロペシアにも問題があります。この薬は毎日服用することが必須で、さらに効果があったからと言って服用をやめてしまうとAGAが進行し、薄毛や抜け毛が増えてきます。またAGAの治療は保険適用外になるため、費用が全額負担となります。病院にもよりますが、大体月に10000円前後となり、これを続けていかなければ、また薄毛が始まってしまうのです。
AGAは若ハゲの人にとって画期的な薬ですが、もちろんメリット、デメリットがあり、ずっと続けていこうと思うと大変なことです。
またこれ以外にも若ハゲを対策する方法があります。それは自毛植毛です。その名の通り、自分の後頭部の毛を薄くなっている部分に移植するという方法です。もちろん手術となるため、痛みや傷が残ることがあります。しかし、AGA治療薬とは違い、一生薬を飲まなくてもいいですし、植毛してしまえばメンテナンスもいりません。自毛植毛は自分の毛を使用するため、見た目的にも自然で若ハゲに悩む人にとって素晴らしい治療法だと言えます。しかし手術となるためそれ相当の費用が掛かります。自毛植毛をしたいと考える人はメリット、デメリットを知り、十分に内容を理解してから始めるようにしましょう。

あなたはちゃんと成長ホルモンが分泌されていますか?睡眠と若ハゲには深い関係があった!

若ハゲの原因は遺伝やストレスなど生活習慣が大きくかかわってきます。もちろん親から遺伝したハゲやすい体質ではありますが、決して体質だからと言って諦める必要はありません。生活習慣を気をつけるだけで、薄毛対策にもなるので、知っておくようにしましょう。

実は若ハゲの原因のひとつに睡眠があげられます。それは寝てる時間と寝る時間帯が大きくかかわってきます。体を休めることはとても大切なことです。誰でも疲れを取るために寝ますよね。それって簡単なことですが、とても大切なことです。最近は遅くまでテレビを見て居たり、スマホを見ていたりと遅くまで起きている人が多くいます。そして朝になって体がシャキッとしないという人も多いのではないでしょうか?疲れを取るためにぐっすり眠ることも若ハゲ予防になるのです。

そして寝る時間帯です。夜更かしをして毎日寝るのが午前様という人も多いですよね。毎日仕事で残業して家に帰ってくるのが夜中という人もいますよね。疲れているのに寝るのも遅くなるし、寝ている時間も短くなります。実は夜の10時から夜中の2時が睡眠のゴールデンタイムと言われており、この時間に体は疲れを取っているため、この時間帯にぐっすり眠っていることが重要なのです。そのためゴールデンタイムに起きていて、夜中ぐっすり寝ても疲れはそんなに取れないのです。たかが睡眠と思っていると頭皮に与える影響は大きいものです。

また寝てる間に髪は成長しています。つまり寝ている間に成長ホルモンが分泌され髪が成長するのです。成長ホルモンとは体を育てたり、疲労、ダメージを修復するために脳が出すホルモンです。このホルモンにより食べたものの栄養が髪、肌、体、内臓の成長や修復に使われるのです。子供が疲労を感じないのは成長ホルモンがたくさん分泌されているからです。ですが大人になると成長が止まってしまい成長ホルモンの分泌量が減少してしまうのです。さらに睡眠不足や、不規則な生活が原因でただえさえ少ない成長ホルモンをさらに減少させてしまうのです。この成長ホルモンは睡眠に入ってから30分後から3時間の間に多く分泌されます。これは質のいい睡眠をした時に分泌されるため、毎日規則正しい睡眠をとっていることが大切です。今日はよく寝た、昨日は夜更かししたということがあってはいけません。3時間~5時間といった少ない睡眠時間も悪影響を与えます。

たかが睡眠と思われがちですが、寝ている間に私たちの身体は成長ホルモンが分泌され、体を回復させています。しっかり体を毎日休めることが若ハゲに効果があるのです。

 

自律神経の乱れが影響!ストレスで若ハゲに!

ストレス社会ともいわれる現代。仕事をしている人や、そうでそうでない人も 大きなストレスを抱えているのではないでしょうか。なんでも簡単にストレスで片づけづけ過ぎともいわれますが、ストレスにより健康を脅かすこともあるのです。ストレスが抜け毛や薄毛を加速させるとは医学的にはまだ証明されていませんが、ストレスが頭髪に悪影響を及ぼすというのは様々なところでいわれています。

ストレスが抜け毛を招く一番の原因は自律神経の乱れが大きくかかわっていると言われています。自律神経が乱れると様々な身体の不調が現れ始めます。血行不良になると、毛根への栄養補給が滞り毛髪の成長に影響したりします。さらに自律神経の乱れにより内臓機能が低下してしまうとたんぱく質の吸収が阻まれます。たんぱく質の吸収が阻まれると髪の主成分であるケラチンの合成に影響を及ぼす可能性が出てきます。

そしてさらに頭皮環境の悪化もあげられます。

ではなぜ自律神経が乱れると頭皮の環境が悪化するのでしょうか?

それは過度のストレスがかかり自律神経が乱れると、アドレナリンが過剰に分泌されます。そうすると体内の活性酸素が増加し皮脂腺が活発になってしまいます。活発になった皮脂腺から皮脂が過剰に分泌され、毛穴が皮脂によって詰まってしまうのです。詰まってしまった毛穴の周辺で頭皮の常在菌が異常に繁殖し頭皮の炎症を招いてしまう可能性があります。頭皮が炎症を起こすと、毛根にダメージを与え毛髪の発育に影響を与えてしまうのです。

昔は中高年が仕事の上で管理職となり、ストレスが溜まり、ストレスによりハゲてしまったということが多かったのですが、今はストレス社会。決して中高年だけがストレスでハゲる時代ではありません。若ハゲが増加している裏には若者のストレス増加があげられます。20代や30代でも仕事のストレスだったり、10代でも進学や就職活動によって過度のストレスが溜まっているのです。

ですがストレスをなくすためにはその原因を断つことが必要ですが、実際仕事をやめたり、受験や進学をあきらめることはそう簡単には出来ません。そのためストレスとうまく向き合っていくことが大切です。日常生活の中でストレスなしの生活は難しく、ストレスを溜めすぎてしまうと毛髪にも悪影響をあたえるのはもちろん、健康にも決してよくありません。あまり考えすぎないことも大切ですが、うまく向き合っていくようにしましょう。

 

 

若ハゲの一番の原因!男性ホルモンの影響

うちはおじいちゃんも、お父さんもハゲているから自分もハゲるのは仕方ないと思っていませんか?確かにハゲは遺伝すると言われています。しかしそれはハゲやすい体質なだけで必ずしもハゲるわけではありません。遺伝したとしても治療方法はあるため落ち込まないようにするのが一番です。

ハゲる原因として一番に言われるのが男性モルモンの影響です。確かに女性のハゲは少ないですよね。そのため男性ホルモンが関係していると言われています。厳密にいうと男性ホルモンではなく男性ホルモンに関係する5αリダクターゼという酵素が関係しています。この5αリダクターゼが男性ホルモンを活性化させ、男性ホルモンの中でもさらに強い男性ホルモン、ジヒドロテストステロンを作り出してしまい、血液をめぐり頭皮に到着し、その後毛穴に付着し、生え際がつまり、頭髪の成長に影響を与えてしまいます。

この厄介なジヒドロテストステロンは毛母細胞の分裂を阻害する働きをもっており、これは若ハゲだけではなく、ハゲている人からもこのホルモンが発見されています。

じゃあ、ジヒドロテストステロンを作り出さないようにすればいいのって思いますよね。しかしジヒドロテストステロンはお母さんのおなかの中にいる胎児にとってとても重要な役割があるのです。お母さんの体内にいる時にジヒドロテストステロンがないと男性器がうまく発達、成長できなくなってしまうため男児の発育にとってはとても重要なホルモンなのです。しかし、その後は男性にとってジヒドロテストステロンは薄毛をまねくのはもちろん、前立腺を肥大させたり、精力を減退させたりととても厄介な男性ホルモンなのです。

若ハゲの原因であるジヒドロテストステロンは5αリダクターゼとの結び付きによって増加します。この二つか結びつき易いかどうかは遺伝で決まるため、努力次第でどうにかなるものではありません。この結びつきが強い人はジヒドロテストステロンを生み出さないために、テストステロント5αリダクターゼの結合を阻害することが大切です。5αリダクターゼを抑制する成分として薬もあるので、服用することが有効的です。またジヒドロテストステロンを抑制する食べ物もあるため、そういったものを積極的に摂取することも大切です。

もし生え際が薄くなってきたり、毛穴から生えている毛が少なくなってきたなと感じたら、病院を受診し診断を仰ぐことをお勧めします。早期治療を進めることで、改善させるスピードも変わってきます。病院に行くのが恥ずかしいとためらっていると毛がどんどん薄くなってしまいますよ。