自分の毛を移植!自毛植毛で若ハゲを改善しよう!


若ハゲで悩む人は年々増加傾向にあります。それは現代の生活習慣が大きく影響しています。食生活が偏っていたり、生活習慣が不規則だったり働く若い男性にとって、若ハゲになる要因は大いにあります。また若ハゲは両親からの遺伝もあり、ハゲやすい体質をもともと持っている人もいます。
でももし10代後半や、20代前半という若さでハゲてしまった場合あなたはどうしますか?
恋愛に億劫になったり、人に会う時に人の目線が自分の頭にあるのではないかと気になったりと、いろいろなところで自信を失う人もいます。見た目のコンプレックスというのはとてもつらいものです。またこういったストレスからさらにハゲを進行させてしまうことになるので、出来るだけ早く対応することが大切です。
今は若ハゲの治療法として、AGA治療というものがあります。
頭部が薄くなってきたと感じたら早めに治療を始めことが大切です。AGA治療に有効な薬としてプロペシアが有名です。この薬の歴史は浅く、日本で厚生労働省の認可が下りたのが
2005年とつい最近のことです。この薬が認可されたとき、会社の同僚が若ハゲで悩んでおり、これ飲んだら毛が生えてくるのかなと真剣に考えていたのが懐かしいです。
薬を服用するだけで毛が生えてくるなんて薄毛に悩んでいる人からすれば、画期的ですよね。確かに画期的で万能な薬とおもわれがちですが、プロペシアにも問題があります。この薬は毎日服用することが必須で、さらに効果があったからと言って服用をやめてしまうとAGAが進行し、薄毛や抜け毛が増えてきます。またAGAの治療は保険適用外になるため、費用が全額負担となります。病院にもよりますが、大体月に10000円前後となり、これを続けていかなければ、また薄毛が始まってしまうのです。
AGAは若ハゲの人にとって画期的な薬ですが、もちろんメリット、デメリットがあり、ずっと続けていこうと思うと大変なことです。
またこれ以外にも若ハゲを対策する方法があります。それは自毛植毛です。その名の通り、自分の後頭部の毛を薄くなっている部分に移植するという方法です。もちろん手術となるため、痛みや傷が残ることがあります。しかし、AGA治療薬とは違い、一生薬を飲まなくてもいいですし、植毛してしまえばメンテナンスもいりません。自毛植毛は自分の毛を使用するため、見た目的にも自然で若ハゲに悩む人にとって素晴らしい治療法だと言えます。しかし手術となるためそれ相当の費用が掛かります。自毛植毛をしたいと考える人はメリット、デメリットを知り、十分に内容を理解してから始めるようにしましょう。