あなたはちゃんと成長ホルモンが分泌されていますか?睡眠と若ハゲには深い関係があった!

若ハゲの原因は遺伝やストレスなど生活習慣が大きくかかわってきます。もちろん親から遺伝したハゲやすい体質ではありますが、決して体質だからと言って諦める必要はありません。生活習慣を気をつけるだけで、薄毛対策にもなるので、知っておくようにしましょう。

実は若ハゲの原因のひとつに睡眠があげられます。それは寝てる時間と寝る時間帯が大きくかかわってきます。体を休めることはとても大切なことです。誰でも疲れを取るために寝ますよね。それって簡単なことですが、とても大切なことです。最近は遅くまでテレビを見て居たり、スマホを見ていたりと遅くまで起きている人が多くいます。そして朝になって体がシャキッとしないという人も多いのではないでしょうか?疲れを取るためにぐっすり眠ることも若ハゲ予防になるのです。

そして寝る時間帯です。夜更かしをして毎日寝るのが午前様という人も多いですよね。毎日仕事で残業して家に帰ってくるのが夜中という人もいますよね。疲れているのに寝るのも遅くなるし、寝ている時間も短くなります。実は夜の10時から夜中の2時が睡眠のゴールデンタイムと言われており、この時間に体は疲れを取っているため、この時間帯にぐっすり眠っていることが重要なのです。そのためゴールデンタイムに起きていて、夜中ぐっすり寝ても疲れはそんなに取れないのです。たかが睡眠と思っていると頭皮に与える影響は大きいものです。

また寝てる間に髪は成長しています。つまり寝ている間に成長ホルモンが分泌され髪が成長するのです。成長ホルモンとは体を育てたり、疲労、ダメージを修復するために脳が出すホルモンです。このホルモンにより食べたものの栄養が髪、肌、体、内臓の成長や修復に使われるのです。子供が疲労を感じないのは成長ホルモンがたくさん分泌されているからです。ですが大人になると成長が止まってしまい成長ホルモンの分泌量が減少してしまうのです。さらに睡眠不足や、不規則な生活が原因でただえさえ少ない成長ホルモンをさらに減少させてしまうのです。この成長ホルモンは睡眠に入ってから30分後から3時間の間に多く分泌されます。これは質のいい睡眠をした時に分泌されるため、毎日規則正しい睡眠をとっていることが大切です。今日はよく寝た、昨日は夜更かししたということがあってはいけません。3時間~5時間といった少ない睡眠時間も悪影響を与えます。

たかが睡眠と思われがちですが、寝ている間に私たちの身体は成長ホルモンが分泌され、体を回復させています。しっかり体を毎日休めることが若ハゲに効果があるのです。