自律神経の乱れが影響!ストレスで若ハゲに!

ストレス社会ともいわれる現代。仕事をしている人や、そうでそうでない人も 大きなストレスを抱えているのではないでしょうか。なんでも簡単にストレスで片づけづけ過ぎともいわれますが、ストレスにより健康を脅かすこともあるのです。ストレスが抜け毛や薄毛を加速させるとは医学的にはまだ証明されていませんが、ストレスが頭髪に悪影響を及ぼすというのは様々なところでいわれています。

ストレスが抜け毛を招く一番の原因は自律神経の乱れが大きくかかわっていると言われています。自律神経が乱れると様々な身体の不調が現れ始めます。血行不良になると、毛根への栄養補給が滞り毛髪の成長に影響したりします。さらに自律神経の乱れにより内臓機能が低下してしまうとたんぱく質の吸収が阻まれます。たんぱく質の吸収が阻まれると髪の主成分であるケラチンの合成に影響を及ぼす可能性が出てきます。

そしてさらに頭皮環境の悪化もあげられます。

ではなぜ自律神経が乱れると頭皮の環境が悪化するのでしょうか?

それは過度のストレスがかかり自律神経が乱れると、アドレナリンが過剰に分泌されます。そうすると体内の活性酸素が増加し皮脂腺が活発になってしまいます。活発になった皮脂腺から皮脂が過剰に分泌され、毛穴が皮脂によって詰まってしまうのです。詰まってしまった毛穴の周辺で頭皮の常在菌が異常に繁殖し頭皮の炎症を招いてしまう可能性があります。頭皮が炎症を起こすと、毛根にダメージを与え毛髪の発育に影響を与えてしまうのです。

昔は中高年が仕事の上で管理職となり、ストレスが溜まり、ストレスによりハゲてしまったということが多かったのですが、今はストレス社会。決して中高年だけがストレスでハゲる時代ではありません。若ハゲが増加している裏には若者のストレス増加があげられます。20代や30代でも仕事のストレスだったり、10代でも進学や就職活動によって過度のストレスが溜まっているのです。

ですがストレスをなくすためにはその原因を断つことが必要ですが、実際仕事をやめたり、受験や進学をあきらめることはそう簡単には出来ません。そのためストレスとうまく向き合っていくことが大切です。日常生活の中でストレスなしの生活は難しく、ストレスを溜めすぎてしまうと毛髪にも悪影響をあたえるのはもちろん、健康にも決してよくありません。あまり考えすぎないことも大切ですが、うまく向き合っていくようにしましょう。