若ハゲの一番の原因!男性ホルモンの影響

うちはおじいちゃんも、お父さんもハゲているから自分もハゲるのは仕方ないと思っていませんか?確かにハゲは遺伝すると言われています。しかしそれはハゲやすい体質なだけで必ずしもハゲるわけではありません。遺伝したとしても治療方法はあるため落ち込まないようにするのが一番です。

ハゲる原因として一番に言われるのが男性モルモンの影響です。確かに女性のハゲは少ないですよね。そのため男性ホルモンが関係していると言われています。厳密にいうと男性ホルモンではなく男性ホルモンに関係する5αリダクターゼという酵素が関係しています。この5αリダクターゼが男性ホルモンを活性化させ、男性ホルモンの中でもさらに強い男性ホルモン、ジヒドロテストステロンを作り出してしまい、血液をめぐり頭皮に到着し、その後毛穴に付着し、生え際がつまり、頭髪の成長に影響を与えてしまいます。

この厄介なジヒドロテストステロンは毛母細胞の分裂を阻害する働きをもっており、これは若ハゲだけではなく、ハゲている人からもこのホルモンが発見されています。

じゃあ、ジヒドロテストステロンを作り出さないようにすればいいのって思いますよね。しかしジヒドロテストステロンはお母さんのおなかの中にいる胎児にとってとても重要な役割があるのです。お母さんの体内にいる時にジヒドロテストステロンがないと男性器がうまく発達、成長できなくなってしまうため男児の発育にとってはとても重要なホルモンなのです。しかし、その後は男性にとってジヒドロテストステロンは薄毛をまねくのはもちろん、前立腺を肥大させたり、精力を減退させたりととても厄介な男性ホルモンなのです。

若ハゲの原因であるジヒドロテストステロンは5αリダクターゼとの結び付きによって増加します。この二つか結びつき易いかどうかは遺伝で決まるため、努力次第でどうにかなるものではありません。この結びつきが強い人はジヒドロテストステロンを生み出さないために、テストステロント5αリダクターゼの結合を阻害することが大切です。5αリダクターゼを抑制する成分として薬もあるので、服用することが有効的です。またジヒドロテストステロンを抑制する食べ物もあるため、そういったものを積極的に摂取することも大切です。

もし生え際が薄くなってきたり、毛穴から生えている毛が少なくなってきたなと感じたら、病院を受診し診断を仰ぐことをお勧めします。早期治療を進めることで、改善させるスピードも変わってきます。病院に行くのが恥ずかしいとためらっていると毛がどんどん薄くなってしまいますよ。